ユナイテッド93

久しぶりに映画をみてきました。作品は「ユナイテッド93」、9.11のテロの時、テロリストの目標に到達することなく墜落したユナイテッド93便が舞台。
結果がわかってるだけに時間がたつにつれてつらくなってきました。錯綜する情報に翻弄される、管制塔や軍、ひどい犠牲を出しながらも何ができるわけでもなく、何もわからないまま活路を見出そうとする乗客たち。
見終わった後は、ほぼこれが実際に起こったことであるということにショックを受けました。アメリカが正しいとか、テロは絶対悪だとかは簡単にはかたずけられませんが、今後いい方向に世界が動いていってほしいものです。
[PR]

  by s_c_a_r | 2006-08-15 22:47

<< お飲物 ライトフライ級タイトルマッチ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE